昭和アニメの名作「小公女セーラ」の素晴らしさを紹介するサイト

世界名作劇場 小公女セーラA Little Princess Sara

世界名作劇場 小公女セーラオープニング
原作フランシス・ホジソン・バーネット
放送期間1985年1月6日〜12月29日
放送局回数フジテレビ系列 全46話
主題歌・ED花のささやき / ひまわり
下成佐登子

1985年度 厚生省児童福祉文化奨励賞・文化庁子供向TV用優秀映画賞受賞作品

あらすじ

10歳の少女セーラ・クルーは、インドでダイヤモンド鉱山を営む父親ラルフと共にロンドンの寄宿学校を訪れる。ラルフはセーラを残してインドへ戻るが、インドで事故死。セーラは大富豪の娘から孤児へと奈落の底へ突き落されてしまう。

陰湿な院長や生徒たちのいじめを受けながら、女中奉公として学園で働かされる毎日。そんなつらい日々の中でもセーラは生きる希望と笑顔だけは忘れず、プリンセスの気品と優しさを失うことはなかった。

そんな中、ラルフの共同経営者クリスフォードは顔も知らないセーラを探すため、弁護士と召使を連れてロンドンへやって来たのだった。

主な登場人物

小公女セーラ主人公 セーラ・クルー

セーラ・クルー

セーラの心のよりどころ ベッキーとピーター

ベッキーとピーター

セーラをいじめる性悪女 ラビニア・ハーバート

ラビニア・ハーバート

セーラをいじめ抜く悪の根源 マリア・ミンチン

マリア・ミンチン



小公女セーラを見ると、やさしいく思いやりのある人だけでなく非情なまでに冷酷な人、そしてホントはイジめたくないけど逆らえずという偽善的立場の人など、いろんな性格や立場を持ち合わせた人間が共存しているこの人間界をすごくうまく描写していることに気付きます。やさしさや思いやりを持つ人とは、ベッキーのように自分の立場や環境に左右されずに相手の気持ちを先ず第一に考えることができる人です。

セーラをいじめるラビニアとその一味、ミンチン院長、ジェームスとモーリーはそういう気持ちを全く持ち合わせていないし、自分本位でしか物事を捉えることができない近代でいう悪魔的存在。んー、なんと多いことでしょう。物語の途中でも触れられていますが、性格や生き方は、やはり育った環境が左右するのでしょうか?そうだとすれば、人間が上下関係を最も好み格差社会で生きている以上、永遠のテーマともいえる問題かもしれません。



小公女セーラにみる「いじめ問題」

平和といわれる日本でもいじめ問題があとを絶たず、多くの人を苦しめていると耳にします。ニュースを見ていて本当におそろしい時代になっと実感させられます。暴力や言葉によるものがほとんどですが、いじめを受けている人にとっては、ささいなことでも生きるか死ぬかの大きな問題です。ではなぜそこまで悩んだり、苦しまなければならないのでしょうか?

それはきっと誰にも相談できないという環境にあるのだと思います。聞いてくれる人がいない、話しても軽く流される、だから一人で悩んでしまう。でもこれだけは言いたい。自殺という選択だけは絶対しないでほしいのです。

なぜなら命を捧げても、強い怨念を抱いて呪って仕返しなんてできないし、たとえ死んだとしても加害者は僅かな刑期で出所してしまう現実。世間に死をもって訴えたところで、なかなか変わらないのが世の中です。結局は残された家族だけが、想像を絶するほどの苦悩の日々が続くことになるのです。きっと生きている間に癒されることはないでしょう。

小公女セーラ 登場人物(後半)

やさしさを持たない飯炊き係 ジェームスとモーリー

ジェームスとモーリー

洋服屋の主人

洋服屋の主人

小公女セーラ ラムダスとスーリャ

ラムダスとスーリャ

父の親友であり義理深い男 トム・クリスフォードとの出会い

トム・クリスフォード




では死という選択肢以外にあるのか?
そう思うかもしれませんが、あるんですよ。

それは一人で悩まず「相談する」ことです。そして「仲間」を持つことです。ベッキーやピーターのように助けてくれる人は必ずいます。それがやっぱり人間なのです。世の中悪いヤツも多いですが、やさしくていい人もいっぱいいます。理解を示してくれる人もいます。そういう人に「めぐり会う」ように努力することが一番大切なのです。

もう一度考えてみてください。自分から心を閉ざしていませんか?相談して諦めていませんか?

助け合って生きていくのが人の世です。死ぬ勇気に比べれば相談する勇気や行動を起こす勇気なんかたかが知れているとは思いませんか?。きっと巡り会う勇気をもてば光は必ず差し込んできますから、すこしずつでも前へ進んでみてください。

 人生は長い。僅かな時と若い過ちで未来を捨ててはいけない。

こんな言葉もあります。今起こっていることは長いようで長くないのです。僅かな時と笑えるときが必ず来ます。

DVDメモリアルボックス感動を永久保存

発売日:2010年3月26日
定価:18,900円
収録:1115分(全46話収録) DVD 8枚
映像特典:カラオケ「花のささやき」
発売/販売元:バンダイビジュアル
© 日本アニメーション株式会社 フジテレビ

【終わりに】
いじめは集団生活がもたらす深刻な問題です。

ただ生きていく上で集団生活というのは、生きるものに与えられた生活の知恵であり、生きていく以上何らかの形で必ず関わってきます。私たちはこの「小公女セーラ」というアニメを通して学び、子どもだけでなく多くの大人達が、相手の気持ちをまず第一に考えるようになる世界を創造していかなければいけないのだと思います。

セーラ・クルーのように挫けない心、ベッキーやピーターのように他人を思いやれるやさしさを持ち合わせた人が多くなることを強く願って。



TOP



h