皮革スニーカーお手入れ手順

スニーカーのお手入れ方法皮革スニーカーを長持ちさせるには

スニーカーローテーション

スニーカーにとって汚れはもちろんのこと、水分が劣化を進めることはみなさんご存知だと思います。1日履いたスニーカーは、一晩寝かせるだけでは乾ききらないほどの汗を吸収していて、季節によって違いますが完全に乾くまで2日〜3日要します。そのことからまずはスニーカーをローテーションすることが、スニーカーを長持ちさせる近道になります。


お手入れを実際にやってみよう

汚れを落とす

 スニーカーにとって一番の大敵はヨゴレです。まず軽く靴用ブラシを使って、汚れを払い落とします。これで埃やちょっとした砂土汚れは落ちます。もちろんソール部分やナイロン部は、洗濯洗剤などを使用して靴用束子で洗ってももちろんOKです。

専用クリーナーで落とす

 次に天然皮革部は専用クリーナーを使い、落ちなかったしつこい汚れを落とします。このとき注意したいのが、スニーカーの縫い目にクリーナーがつかないようにすることです。汚れが縫い糸の繊維に移ってしまわないように、丁寧に落としていきます。

保湿する

 専用クリーナーを使うと汚れは落ちますが、皮革の水分が飛んだようになり艶がなくなります。そこで保湿させるためにミンクオイルを塗ります。オススメはKIWI社のミンクオイルです。

 この時もミンクオイルが縫い目に着かないように、そしてミンクオイルは少量でまんべんなく塗ることがとても大事です。たくさんつけすぎるとなかなか乾かず、逆に歩いている時に埃を吸着させてしまう原因になりますので注意してください。

 ※スニーカーにとって、水分は劣化の原因と先ほど記述しましたが、天然皮革部にとって乾燥も大敵です。乾燥したままにしておくと、皮革部が劣化し革がボロボロはがれてしまったりする原因になります。



仕上げ

激売れ

 ローテーションが明け、出番がまわって来たら、履く前に乾いたウエスもしくはコットンなどで、一拭き、二拭きします。そうすることで皮革に艶が出て、スニーカーはより一層かっこよくなります。この瞬間がたまりません。

■オススメウェスはこれ!(M.モゥブレィ)M.MOWBRAY ポリッシングコットン

履きこまれたかっこいいスニーカーとは

履きこまれたかっこいいスニーカーというのは、汚れているスニーカーのことではありません。スニーカーに限らずビジネスシューズでも汚れた人をよく見かけますが、なんとなくその人の性格が垣間見えるようで不快ですよね。やっぱり新品ではないけれどちゃんと手入れされている、そんなシューズがかっこいいものです。

そして手入れをしてローテーションして履いていれば、スニーカーは何年も持ちます。一足を履きつぶすより断然お得に。
お気に入りの靴を長持ちさせて、愛情を注いで長く履いてあげてください。

TOP

h