名作シューティングゲームアーカイブス

FC名作シューティングゲーム

発売当時のさまざまなアイデアが詰め込まれたやりこみ要素いっぱいの秀逸シューティング。どれもが難易度の高いゲームとして有名な作品をピックアップ。瞬間の判断とテクニックといった人間の適応力が試されるのがシューティングの魅力。今の時代にクリアできる人はいない?



スーパースターフォース時空暦の秘密

メーカー:テクモ
発売日:1986年11月11日
価格:5,300円
ちらし:ゲームパンフレット

君は時間(とき)の支配者になる!

【ストーリー】
時空暦2010年、暗黒星ゴーデスとの闘いは終わった。しかし、謎は残された。敵星ゴーデスとは、一体何だったのか。あの闘いは、いったい・・・・・・だが、さらに根本的な謎があった。時空暦・・・・・・そう、時間と空間が入り乱れたこの時空宇宙は、どのようにして形成されたのか。すべては、時空元年に秘密がある。はたして、時空暦0001年になにがあったのか。

 前作「スターフォース」(発売元:ハドソン)は縦スクロールのシューティングゲームで大ヒット。ゼビウスに次ぐ人気を博した。第2弾ではオリジナル版権を持つテクモ(旧:テーカン)より、アクションRPG要素を盛り込み内容の濃い作品となって発売された。

しかしその反面、パスワード機能がなかったために、一度プレイし始めたら最後までやり遂げなくてはならない過酷なものとなった。キャッチコピーにある「君は時間(とき)の支配者になる!」とはまさにこのことだったのだ。

さらには攻略本がなければクリアできないと言われるほど、隠し扉やアイテムが満載というプレイヤー泣かせのゲームとして違った意味でも話題豊富な作品となった。(ゲームオーバー後の画面でセレクトボタンで無限コンテニュー可)

ゲーム音楽はメタルユーキが担当。DA0316(地上面)の鳥肌が立つ感じは神曲と絶賛された。

 重要!0820年空間の泉(時の碑石を全て集めると、空間の泉に穴が出現)でクレオパトラを手に入れておかないと、AD2137でゴーデスの封印を確認できない。



ザナック

メーカー:ポニーキャニオン
発売日:1986年11月28日
価格:2,900円
ちらし:ゲームちらし

【ストーリー】
誤って作動させてしまった機械化防衛システムを止めるため、第256機動艦隊はAFX-5810型ザナックを完成させ、単独攻撃によるシステム中枢破壊に成功した。しかし…システム中枢は爆発寸前、もうひとつのシステムを作動させたのだった。
システムを止めるため単独攻撃をかけるのは、すべてのぶそうをパワーアップできるようにした改良型ザナックAFX-6502。人類を救え!健闘を祈る。

【特徴】

ディスク片面仕様で、超高速スクロールが強烈なインパクトのあったシューティングゲーム。プレイヤーによって攻撃パターンが変わるとういう画期的な人工知能(Auto Level Control/自動難易度調整)を搭載。そのプレーヤーに合わせた難易度が、シューティング系を得意とするユーザーから熱い支持を得た。

【裏技】
2コンの十字キーの上と1コンのセレクトボタンを押しながらスタートすれば、エリア11や12でもコンティニューできる。



エアーフォートレス

メーカー:HAL研究所
発売日:1987年8月17日
価格:5,300円
ちらし:ゲームパンフレット

【特徴】
このソフトは、グラディウスとメトロイドとバラデュークをうまく混ぜ合わせた感じのシューティングアクション系ゲーム。宇宙服の主人公がかわいらしく、当時としてはグラフィックもかなりキレイなゲームだった。

 前半シューティング(STG)面、後半はアクション(ACT)面から成り、STG面でエネルギーやボムを貯めるとACT面が多少楽になるが、全体的に難易度は高い。

HAL研究所といえば今ではカービィシリーズでメジャーな存在だけど、1992年に経営再建に至るまでたいしたヒット作に恵まれなかったイメージだ。自分的には、ロロシリーズや殺意の階層とかHAL研が目指していた方向はかなり好きだったんだけど、世間には一部のユーザーからしか認知されなかったのはとても残念。(難しすぎたのが原因か・・・。)

バラデュークとは・・・ナムコがアーケードゲームとして発売したアクションシューティング。(1985年)

TOP

華麗なるグラフィック



FCプレーヤーを熱狂させたソフト

ロードランナー

メーカー:ハドソン
発売日:1984年7月31日
価格:4,500円
ちらし:ゲームパンフレット ・ 裏面

【特徴】
プレーヤーはLode(=鉱脈、金塊)を全て回収し、ハシゴで脱出するパズル要素を取り入れたアクションゲーム。

ちなみに主人公ランナーは、かつてボンバーマンとして活動していたという。ロードとは鉱脈=Lodeで、メトロクロス(ナムコ)のように決して道を走り続ける道路とかランナー(走者)じゃないヨ。

ゲームは単純だけど難易度の高い面もあり、さまざまなユーザーから指示を獲得。ハドソンから続編「チャンピオンシップロードランナー」、ディスクシステムではアイレムから「スーパーロードランナー」、「スーパーロードランナーII」が発売された。チャンピオンシップでは1面からパズル要素全開。1面なのになかなかクリアできない難しさ。それなのに夢中で金塊を集めてたのは、全面クリアしパスワードを送ると認定証がもらえたからだろう。



プロレス

メーカー:任天堂
発売日:1986年10月21日
価格:2,500円
ちらし:ゲームパンフレット

四角いジャングルが、俺を呼ぶ。

【特徴】
6人の選手から1人選び、対戦する本格的なプロレスゲーム。各選手必殺技をもっているが、かなりの地味技。そんな中オススメなのは、やはりスターマン。

 5人とシングルマッチで勝ち抜きタイトル奪還後、5人相手に防衛できれば、「GREAT PUMA」とタイトルマッチで対戦することができる。防衛戦途中からは、ほぼ連射コントローラーがないと勝てないのでホリコマンダーが必須です。


次のページは
単純だけど面白い!ゲーム



h