ファミコンディスクシステム(FDS)の名作ゲーム

ディスクシステム名作ゲーム広告チラシフライヤーで思い出懐古

PLANET20XX 昭和の名曲名作アーカイブス PLANET20XX 昭和の名曲名作アーカイブス

ディスクソフト全タイトル

 全盛期は1986年〜1988年。ファミコン(255KB)と比べて大容量(800KB)、セーブを可能としたすぐれた機能と500円で書き換え可能と利点も多かった

発売年ごとにゲームちらし(フライヤー)を掲載。広告とともに懐かしい当時を振り返ろう。



ファミコンクラシックミニ第2弾に入れてほしいディスクゲームまとめ

アクション系

ディスクシステムが発売された1986年には、ゼルダの伝説からメトロイド、悪魔城ドラキュラなど数多くの名作を生んだ。

※下記リンクはゲームレビューです。広告チラシは年別全タイトルリンクページから閲覧してください。


アドベンチャー、RPG系

セーブができるディスクの特徴を活かしたり、前編・後編と長編小説に負けないような推理系アドベンチャーが発売。任天堂、コナミの2強相手に各社多くのタイトルをリリース。なかでも「Disk Original Group」通称DOGブランドのソフトが、多くのファミコンディスクユーザーの心を掴んだが、すぐさまメガロムとバッテリーバックアップが開発されたことにより、ファミコンディスクシステムの全盛期は2年とあまりにも短かった。




TOP

FDSおもしろいソフトランキング
1位:リンクの冒険
2位:メトロイド
3位:ゼルダの伝説
4位:ドラキュラU 呪いの封印
5位:パルテナの鏡

 とにかくアクション系が面白かった。特に任天堂ブランドにハズレなし!他コナミが追従とまさにファミコンディスクシステムの黄金期を築いた。今はもうこんな難しいソフトはクリアできないぞっ。

次ページは

ベストオブアクションRPG



h