ニンテンドースイッチでゲーム環境を整えるには

任天堂スイッチで必要なもの付属品・周辺機器・アクセサリー

昔はあんなにもゲームに夢中だったのに、いつのまにかオジサンになってしまったボクらファミコン少年。最後に買ったハードは初代プレステという、ものすごく過去の話だ。それが子どもたちに任天堂スイッチをせがまれ、またゲーム機を購入することになったからえらいこっちゃ、なんのこっちゃ。何が必要なの?いくらかかるの?これだけでいいの?と同じ境遇にいるファミコン世代と呼ばれる皆さんのそんな疑問にお答えしていきたいと思います。


スイッチライトを購入した方はこちら


任天堂スイッチを購入すると、ついてくるもの

本体の購入で何が同梱されているのか中身をチェックしてみました。


Nintendo Switch

付属品(図)

本体1台 価格:29,800円(税別)
ドッグ本体を差し込み使用。HDMI、USB2口の出力付
Joy-con 2個本体に付属している左右のコントローラーL,R。本体から外して使用することもできる。
ACアダプター1個
Joy-conグリップジョイコン2個をグリップに差し込み、1つのコントローラーとして使用できる。操作性アップ。
Joy-conストラップ 2個ジョイコンにスライドインさせ、使用する。 LRボタンの操作性の若干アップと放り投げ防止。
HDMIケーブル(1.5m)1本

本体価格は29,800円(税別)とちょっと買うには躊躇するレベル。聞けば今どきのハードはそのくらいが相場らしい。我が家の場合だと、子どもが2人いるので、携帯ゲーム機1台だとケンカ勃発は避けられそうにない。なのでTVにつないでプレイすることを想定して、必要なものをリストアップ、そして人気のあるソフトも探ってみたいと思います。

※2019年8月バッテリー持続時間が長くなったバージョンが発売されました。中古を買う方はバッテリーも考慮した方が良さそうです。→任天堂スイッチ新モデル



持ち歩くのに必要なもの

子どもの目を守るキズだけでなく視力低下を防ぐ必需品

最大の売りである携帯性を活かすには、保護フィルムは必需品、絶対つけなきゃダメなやつだ。携帯ゲームの特性上、どうしても近くを見続けてしまう携帯ゲーム機。子どもの視力を守るため、おっさんの老眼加速を遅らせるための必須アイテム。なので保護フィルム選びは、キズだけでなく視力低下を防ぐブルーライトカットタイプを重視して選びたい。


パッケージ版とダウンロード版

ゲームソフトはパッケージ版とダウンロード版との2種類から選べる。簡単に説明するとパッケージ版とは昔でいうカセットタイプ、ダウンロード版はゲーム自体のデータを保存するスマホアプリみたいなイメージだ。

ダウンロード版はソフトを持ち歩くことなく手持ちゲーム全てをプレイできるメリットがある反面、パッケージ版と違い飽きても売ることができない。この選択は多いに悩むことになりそうだが、昔ながらのパッケージ版の方が安心してしまうのはファミコン世代の性といったところだろうか。

スイッチ本体のデータ容量は32G。10~15GBの空き容量が必要なゲームもあるので、ソフトをダウンロード版でやるならSDカードは必須アイテム。もちろん任天堂のSDカードか動作確認済のSamsungSDカードのどちらかを選びたい。

※microSDXCメモリーカードを使用するには、インターネットに接続して本体を更新する必要があります



同時プレイで必要なもの

4人まで同時プレイを可能にする環境構築

任天堂スイッチの魅力は、4人まで同時プレイが可能だということ。マイコントローラーの色は何色にする?、CMのようにファミリーで、休日に友人と長い休みや正月に親せきとワイワイ、追加のジョイコンがあればいろんな景色が見えてくる。そんな楽しみもあるカラフルなラインナップに、ロマンティックが止まらないっ!Hu



スイッチデビューを応援!ライセンス商品で安心

ジョイコンの充電は、スイッチ本体の両サイドにスライドインさせた状態で充電されるため、2個までしか充電できない。みんなでワイワイを夢見て追加のジョイコンを買った場合は、こうした充電スタンドがあると安心。充電切れで動かない!なんて、一瞬でサイアクな展開になっちゃうからね。

オススメは、任天堂ライセンス商品であるホリ製。ファミコン時代に16連射機能をつけたコントローラー「ホリコマンダー」のメーカーとして、昭和から僕らの手助けをしてくれているメーカーですので安心。電源供給はスイッチドッグの背面にあるUSBから供給できるので、配線もゴチャゴチャすることなく、すっきり接続できるところもうれしいですね。

今売れてるソフト

【無人島ではじまる楽園生活】
最大4人でいっしょに島を探索したり、素材をあつめたり、オンラインプレイでは、ほかの人の島におでかけするマルチプレイを最大8人でいっしょに楽しむことも出来るので家で外出気分を味わえますね。



お金があったら揃えたい周辺機器

ハードプレイの格闘ゲーム系や、老若男女問わず人気のスプラトゥーンなんかをやるには、小さなジョイコンのままだと結構厳しい。そこでJoy-Conグリップが登場するわけだ。しかし本体にはひとつしか付属していないので、一人だけジョイコングリップだとハンデとかずるいとか、えーぃもううるさいヽ(`Д´)ノ。

ということで、兄弟が二人以上いる場合や大人でもガチ対決する場合は、このジョイコングリップ追加は不可避。別売のジョイコングリップは、充電しながらプレイできるタイプなので、バッテリーが残りわずかの時も安心してプレイできる優れもの。付属していた方のグリップはただのグリップなので、充電できないところが逆にセコイ気もするが…。
でもこれで、1コン、2コンで戦ったあの頃を再現できますね。



まとめ かかった費用

TV画面で、任天堂スイッチを4人プレイする環境整備プラス、ちょっとだけ携帯することを考えてそろえた結果…、

nintendo switch29,800円
Samsung microSDカード2,980円
joy-con 2個7,460円
joy-con充電グリップ2,480円
joy-con充電スタンド2,940円
小計45,660円
ガラスフィルム1,280円
スイッチ収納ケース2,600円
合計49,540円
50,000円(税別)

【関連記事】
家ごもりを楽しく、低予算で暇をつぶす方法

【結果】
なんと5万円!!。肝心のソフトはまだ買ってないということに気づき更に驚愕。結構かかるなというのが本音ですね。なるべく支出をおさえたい人には

マーク付きの3点を最低限購入するのがおすすめ。それだと34,000円くらいで済みます。

ソフトはスプラトゥーン2マリオカート8はマスト、ほかにamazonで一番評価の高かったソフトを調べて、自分用にもこっそり購入。フフッ、商品選びから一番楽しみにしてるのは自分だとそろそろお気づきでしょう(笑)

話を戻しましていろいろ見てみたところ、評価のいいソフトは


ゼルダ

 

ファミコン世代からすればやっぱりねっと言ったところでしょうか。今作は史上最高の出来映えと名高いソフトらしく、5つ星のユーザー評価です。ファミコン世代のお父さんにおススメできるカセット、いやソフトだと思いますよ。小学生にはちょっと難しいかもですが…。

次のページではスイッチでファミコンソフトを思う存分プレイする方法、マルチプレイをやる方法を徹底解説したいと思います。ワクワクしちゃいますね。

おすすめソフト
ゼルダの伝説
BREATH OF THE WILD

時代は令和に突入っ!。最新の技術を体感してみるのもいいですヨ。レトロゲーム好きにもオススメです。





h