昭和40年代のアニソン名曲アーカイブス

planet20xx

TOP > 1970〜73

昭和40年代アニソン1970〜74


【昭和アニソン】 1970年代から1980年代のアニソンは、アニメの世界観やキャラクターをイメージして作られたリアルアニソンだ。

1972年(昭和47年)

今日もどこかでデビルマンレコードジャケット

今日もどこかでデビルマン

十田敬三
主題歌 デビルマンのうた
作詞阿久悠
作曲編曲三沢郷
ED今日もどこかでデビルマン
作曲都倉俊一
編曲青木望
放映1972年7月8日 - 1973年3月31日

 懐かしのアニソン番組において、必ずといっていいほどチャートインする昭和の代表的アニメソング。この歌を聞くと夕焼けシーンを思い出す人が多いという。イントロからマイナーコードで始まるアコギのカッティングやボンゴ、ドラムのフィル、ピアノのメロディに加えフルートとグロッケン、もちろんブラス系は病みつきになるくらい最高。なかでもブリブリ鳴っているバリトンサックスは渋くかっこいい。

美樹とアキラ そのどれもが他の楽器を殺すことなく、バランスよく見事なまでにMIXされた当時のミキシング技術に感動すら覚えてしまう作品だ。
 作詞・作曲は、ともに1970年代の日本歌謡界を率いてきたゴールデンコンビ阿久悠氏と都倉俊一氏。盟友たちが残したこの歌は、EDソングながら昭和アニメソングの神曲として相応しい。

あまり知られていないが主題歌は、Al Wilsonの「The Snake」という曲のイントロをオマージュしている。一度ご試聴あれ。


【阿久悠氏が遺した素晴らしき言葉】
人の世に愛がある 人の世に夢がある その美しいものを守りたいだけ

 


科学忍者隊ガッチャマンレコードジャケット

ガッチャマンの歌

主題歌 ガッチャマンの歌
子門真人・コロムビアゆりかご会
ED 倒せ!ギャラクター
コロムビアゆりかご会
作詞竜の子プロ文芸部
作曲小林亜星
放映1972年10月1日 - 1974年9月29日

 タツノコプロのSFアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」。この歌は応援歌や登場シーンなど、さまざまなところで使用され続けてきた超有名曲。やはり、だれもがなんとなくでも口ずさめちゃうっていうのが、名曲中の名曲の証。
 放送当時は替え歌も結構流行っていて、僕の住んでいるところでは 「誰だ 誰だ 誰だ〜 俺のパンツを脱がすヤツ」でした。(笑)
 エンディングソング「倒せ!ギャラクター」は放映当初オープニングソングだったそうですが、こちらも子門真人さんの歌に劣らず、コロムビアゆりかご会の子どもたちの澄んだソプラノボイスがとても魅力的な歌です。


【1972年放映開始の主なアニメ】▼ Click!

※タイトルをクリックするとレコードジャケットを表示します。

樫の木モック」  1972年1月4日〜12月26日
作詞:丘灯至夫 作曲:越部信義 歌:かおりくみこ


マジンガーZ」 1972年12月3日〜1974年9月1日
作詞:東文彦 作曲:渡辺宙明 歌:水木一郎
言わずと知れた水木一郎の代表的なアニソンだゼェ〜ット


ど根性ガエル」 1972年10月7日〜1974年9月28日 作詞:東京ムービー企画部 作曲編曲: 広瀬健次郎 歌:石川進・荒川少年少女合唱隊
ヒロシとぴょん吉の痛快アニメ。Tシャツも人気(90年代)がありました。byあんちゃん



PR



1973年(昭和48年)

中山千夏 ドロロンえん魔くレコードジャケット

ドロロンえん魔くん「妖怪にご用心」

主題歌ドロロンえん魔くん
ED妖怪にご用心
作詞中山千夏
作曲小林亜星
編曲小杉仁三
放映1973年10月4日 - 1974年3月28日

人気作者:永井豪、えん魔くん:野沢雅子、シャポー:滝口順平、カパエル:肝付兼太らアニメ界を支えてきた陣営で構成された妖怪アニメ。

 【あらすじ】
 閻魔大王の甥っこであるえん魔くんは、人間界で人間を妖怪から守るよう命ぜられ、日本へと向かう。お目付け役のシャポーじいとガールフレンドの雪子姫、幼馴染のカパエルと共に、妖怪パトロールとして悪さをする妖怪たちを退治する。


 えん魔くんの恋人雪子姫(ユキちゃん)は、当時の小学生にしてみれば着物でありながらミニスカートというセクシーな格好で、何気にユキちゃん目当てにアニメを見ている子どもも結構多かった。エンディングソングではふにゃふにゃした妖怪?たちや黒電話に丸い郵便ポスト、そしてミョーにリアルな捨てられた人形など、昭和を感じる品々と口琴のリズムに哀愁漂うハーモニカメロディによる亜星ソングが絶妙な雰囲気を演出。まさにメジャー過ぎないおすすめアニソンといえる歌です。


【1973年放映開始の主なアニメ】▼ Click!

エースをねらえ」 1973年10月5日〜1974年3月29日

 作詞:東京ムービー企画部 作曲編曲:三沢郷 歌:大杉久美子


新造人間キャシャーン」 1973年10月2日〜1974年6月25日

 作詞:タツノコプロダクション企画文芸部 作曲編曲: 菊池俊輔 歌:ささきいさお


キューティーハニー」 1973年10月13日〜1974年3月30日

 作詞:クロード・Q 作曲:渡辺岳夫 編曲:小谷充 歌:前川陽子


バビル2世」 1973年1月1日〜9月24日

  •  作詞:東映一 作曲:菊池俊輔 歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会


  • TOP






    天使の歌声アニソン70ランキング
    1位:われらガッチャマン
    2位:おれはグレートマジンガー
    3位:行けコンバトラーV(ED)

     70年代アニソンで子ども合唱団のソプラノボイスが響き渡る最高の一作は「われらガッチャマン」

    海のトリトン 歌:ヒデ夕樹

    海のトリトン「GOGOトリトン」

    【トリトンの最終回】


     作者である手塚氏によれば、このアニメの最終回には悔いを残したとのちに語っている。
    勝利≠正義ではない結末、両者の言い分と闘い、そして決着。そこで思い知らされるのは、やっぱり種族を越えた共存の難しさなのだろうか。

     某有名校のスポーツ応援歌や甲子園で使用されるランキングに入る名曲。手塚治虫原作、演出:冨野喜幸