昭和40年代のアニソン名曲アーカイブス

歌い継がれる昔のアニソンミリオンセラーの名曲登場!

【昭和アニソン】 昔のアニソンといえば、主人公が「俺オレ主義」を延々と歌いあげ、搭乗するロボットの必殺技を惜しげもなく披露、そしてそんな孤独な闘いに疲れ、背中で哀愁を語るようなエンディングソングと決まっていた。

昭和を駆け抜けた少年たちがオヤジになり、盛り上げたいときや自分を鼓舞したい時は熱い主題歌、聞かせたいときはメロディアスなエンディングソングを得意に口ずさむ。フッ、それほど心に残るのが昭和のロボットアニソンなのだ。

1974年(昭和49年)

おれはグレートマジンガー

主題歌:おれはグレートマジンガー

ED:勇者はマジンガー

歌:水木一郎・コロムビアゆりかご会
作詞:小池一雄、作曲:渡辺宙明

放映:1974年9月8日 - 1975年9月28日

人気ロボアニメ「マジンガーZ」の続編にあたるグレートマジンガー。マジンガーZの最終回に登場したグレートマジンガーの姿に、心躍らされた少年数知れず。このシーンはおそらくロボットアニメ史上、最も視聴者の心を掴んだ登場シーンだったかと思います。

主題歌は、戦いを鼓舞するかのようなティンパニーをアクセントにツイスト系ロックで構成され、まるでマジンガーがダイナミックに出撃していく姿が見えるかのようなかっこよすぎる歌。そんな訳で、有名なマジンガーZ主題歌よりグレートの方がいいっていう人、結構多いんですよ。とくにサビの「必殺パワー〜 サンダーブレーク〜」のあたりは前作のアツすぎる歌声と違って、グレートの強さからかちょっとだけ爽やかなアニキの歌い方がGOODです。スクランブルゥ〜 ダァッシュ!

すごくかっこいいおもちゃを見つけたので紹介します。その名も「マジンガーZ D.C. ダメージver マジンガーZ対暗黒大将軍より」。超合金のおもちゃが欲しいプレゼント1位になって半世紀。脳裏に焼き付いた「あのシーン」を再現できる!。購入できる今のうちにオススメします。これセットで買ったら、あのシーン再現できちゃいますね!



無限に広がる大宇宙宇宙戦艦ヤマトより

OP:宇宙戦艦ヤマト

ED:真赤なスカーフ

歌:ささきいさお

作詞:阿久悠、」作曲:宮川泰

放映:1974年10月(昭和49年)

スペースオペラの超名作「宇宙戦艦ヤマト」。主題歌は、幅広い層に知られている超メジャーな名曲。そこで今回紹介するのは、OP主題歌をよく聴いていると聞こえてくるあのすばらしいコーラスを歌っている川島和子による挿入歌「無限に広がる大宇宙」。

 「あ〜あ〜ああああ〜あ〜あ〜」

と「あ」の羅列だけだと雰囲気は全く伝わらないと思うけど、美しくも切ない歌声とその素晴らしい透明感に、眼を瞑れば無限に広がる宇宙が見えてきそうなスキャットオンリーで構成された一曲。


1974年放映の主なアニメ

アルプスの少女ハイジ

歌:伊集加代子&ネリー・シュワルツ
作詞:岸田衿子、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士

120万枚を売り上げた人気アニメソング。日本ではヨーデルといえばこの曲というくらい有名に

破裏拳ポリマー

歌:ささきいさお・コロムビアゆりかご会
作詞:鳥海尽三、作曲:菊池俊輔

1974年10月4日〜1975年3月28日

魔女っ子メグちゃん

歌:前川陽子
作詞:千家和也、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士

1974年4月1日〜1975年9月29日

子ども心にメグの魅力に気づいてた子は、マセガキと呼ばれてました(笑)

新造人間キャシャーン

歌:ささきいさお
作詞:タツノコプロダクション企画文芸部、作曲・編曲: 菊池俊輔

1973年10月2日〜1974年6月25日


1975年(昭和50年)

鋼鉄ジーグのうた

OP:鋼鉄ジーグのうた

ED:ひろしのテーマ

歌:水木一郎 こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会

作詞:林春生、作曲・編曲:渡辺宙明

放映:1975年10月5日 - 1976年8月29日

視聴者をヒートアップさせる効果的なティンパニー、「Buildup!バンバンバンバン」とスキャットを多く取り入れた印象的な主題歌。グレートマジンガー同様に渡辺宙明氏の黄金期といえる記憶に残るノリノリのアニソンです。

俺がやめたら 誰がやるのか!

【おもちゃマグネモシリーズ】
このマグネモシリーズは、関節部で身体のパーツが着脱できる画期的なおもちゃで、脚に腕をつけたり、腕に頭をつけたりすることができた。ただ一部パーツを欠損する人があとを絶たなかったおもちゃでもあり、無残な形でダンボールに入っている人も結構いたという。


アニメ作品数No.1。アニメ2,500作品以上が見放題!
初回31日間無料!月額400円(税抜)ドコモのケータイ以外もOKで、ダウンロードすればどこでも見れちゃうオススメです。



1975年放映の主なアニメ

とにかく夢中になれるアニメがおおかった1975年。ロボットアニメのほか、動物たちの生活の中にある争いを描いたストーリーもよく見てましたよね。

フランダースの犬

歌:大杉久美子、アントワープ・チルドレン・コーラス
作詞:岸田衿子 作曲:渡辺岳夫 編曲:松山祐士
放送期間:1975年1月5日〜12月28日

涙なくしては観られないアニメ。ネロとおじいさんとパトラッシュ。犬を飼っていた少年時代を思い出します。

勇者ライディーン

歌:子門真人、コロムビアゆりかご会
作詞:山川啓介 作曲:小森昭宏 編曲:松山祐士
放送期間:1975年4月4日〜1976年3月26日

顎が出ている奴をライディーンと呼んでいました…。

ゲッターロボG

歌:ささきいさお
作詞:永井豪 作曲:菊池俊輔
1975年5月15日〜1976年3月25日

タイムボカン

歌:山本正之、サカモト児童合唱団
作詞・作曲:山本正之 編曲:市久
1975年10月4日〜1976年12月25日

アラビアンナイト シンドバットの冒険

歌:山本正之、サカモト児童合唱団
作詞:若林一郎 作曲:菊池俊輔
1975年10月1日〜1976年9月29日

UFOロボ グレンダイザー

歌:ささきいさお、コロムビアゆりかご会
作詞:保富康午 作曲:菊池俊輔
1975年10月5日〜1977年2月27日

デュークフリードとかいうカッコイイ名前を一生懸命覚えました。兜甲児がマジンガーzに搭乗することを強く願った少年時代。

ガンバの冒険

歌:河原裕昌
作詞:東京ムービー企画部 作曲:山下毅雄
1975年4月7日〜9月29日

TOP



h