80年代のアニソン名曲アーカイブス

1980年代アニソンの名曲・神曲!昭和アニメ史を刻んだ名ソング

Planet20xxバナー

渋くカッコよかった70年代と比べ、ノリ重視のメロディラインが多くなってきた80年代。

今でいうカバー(良く言えば)が氾濫していて、やっとの思いでカセットを買ってもらったのに、いざ聞いてみたら「誰だよコイツ!知らないヤツが歌ってるよ!」なんてことが結構ありました。

カセットケースのジャケットの裏に小さく書いてある「オリジナル歌手本人は歌ってません」という表示

昭和50年代はこういう経験した人、結構多かったですよね。それではそんな懐かしい記憶を胸に、1980年代の名曲アニソンをお届けしたいと思います。

昭和アニメ史上最高のEDテーマ

伝説巨神イデオン

Best
コスモスに君と 歌:戸田恵子

OP:復活のイデオン

歌:たいらいさお

ED:コスモスに君と

歌:戸田恵子
作詞:井荻麟、作曲・編曲:すぎやまこういち

放映:1980年5月8日 - 1981年1月30日

機動戦士ガンダムに続き、富野善幸氏(当時)が務めたアニメ。子ども受けしないロボット機体とストーリー展開、当時子どもには全く受け入れられなかった作品だったと記憶しています。OPはいけいけなんですけどね。

しかし現代では、この奥深いストーリーを再評価する声もあり、アニメ史上最高傑作と一部で言われるようになりました。

EDソングは、すぎやまこういち氏の楽曲に、今ではアンパンマンなどの声でお馴染みの戸田恵子さんの透んだ歌声をのせ、生命について考えさせられる名曲となっています。

ただ人生に疲れた時に聴いたなら、絶望を感じてしまうかもしれません。「コスモスに君と」は、そんな歌なのです。

ローラーヒーロー・ムテキング

ムテキング主題歌「ローラーヒーロー・ムテキング」レコードジャケット

OP:ローラーヒーロー・ムテキング

歌:水木一郎、フィーリング・フリー
作詞:康珍化

ED:おれたちゃクロダコブラザーズ

歌:こおろぎ'73
作詞:丘灯至夫、作曲・編曲:渡辺宙明

放映:1980年9月7日 - 1981年9月27日

タツノコプロの「とんでも戦士ムテキング」の主題歌は、各界のヒットメーカーによる夢のラインナップ。歌もサビのウッドブロックも効果的に印象に残るし、フィーリングフリーのコーラスもステキテキテキと康珍化氏の言葉遊びな歌詞も最高なんです。やっぱこういうのを今でいう3拍子揃った「アニソン神曲」って言うんでしょう。

さらにこの作品のすごいところは、FFシリーズで有名な天野喜孝氏、メカニックデザインがガンダムの大河原邦男氏と、今日名を馳せているスタッフを起用しているところ。そして当時かなり流行っていたローラースケートとウォークマンを盛り込んだキャラ設定。悪役タコミがムテキングに恋の行方も見ものでした。

━What's your name?━

【フィーリングフリー】機動戦士ガンダムやバトルフィーバーJなどで、コーラス参加している日本のコーラスグループ

エンジェルボイスが響き渡るEDソング

宇宙大帝ゴッドシグマ

ゴッドシグマ レコードジャケット

OP:がんばれ!宇宙の戦士

歌:ささきいさお、こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会

ED:レッド・ブルー・イエロー

歌:かおりくみこ・コロムビアゆりかご会
作詞:八手三郎、作曲:小林亜星、編曲:武市昌久

放映:1980年3月19日 - 1981年2月25日

OP、EDともにたとえワンフレーズでも記憶に残るのが、偉大な作曲家・小林亜星氏のすばらしいところ。♪シグマシグマゴッドシグマ~と結構憶えている人も多いかと思います。このフレーズにクラップ×2を入れればもう気分は上々。♪君知っているかい~。

エンディングでは、水金地火木土天海冥と太陽系を憶えやすく歌詞にしているのが特徴。ただ、2006年冥王星は準惑星となってしまったのは、放送当時予想だにしなかったことですね。

1980年放映の主なアニメ(昭和55年)

「地球へ(てらへ)」レコードジャケット画像

地球へ

歌:ダ・カーポ

1980年4月26日東映アニメ映画主題歌

誰よりも遠くへレコードジャケット画像

誰よりも遠くへ

トム・ソーヤーの冒険主題歌

1980年1月6日~12月28日

インジャン・ジョー こっ こわかった・・・。

あしたに生きろバルディオスレコードジャケット画像

あしたに生きろバルディオス

宇宙戦士バルディオス主題歌

1980年6月30日~1981年1月25日

太陽の使者・鉄人28号レコードジャケット画像

太陽の使者・鉄人28号

1980年10月3日~1981年9月25日

名作のリメイクアニメが結構ありました。カラーになったり、かっこよくなったり、タッチが見やすくなったりといろんな分野の技術の進歩を感じました。

哀愁のアニソンEDソングランキング
1位:青い地球(銀河鉄道999)
2位:コスモスに君と(伝説巨神イデオン)
3位:いつの日か(サイボーグ009)
4位:ありがとう(キャプテン)
5位:愛のテーマ(ルパン三世)

おはこんばんちは!アラレちゃんED「アレアレアラレちゃん」も捨てがたい

子ども合唱団 天使の歌声ベスト
1位:レッド・ブルー・イエロー
2位:きてよパーマン
3位:オタスケマン

エンジェルボイスで歌うはNHK東京児童合唱団の子どもたち。リードとコーラスの見事なまでなハーモニー。(オタスケマンのリンクからどうぞ)

80年代に入るとコロムビア合唱団などを代表とする子ども合唱団とのコラボもほとんどなくなった今、合唱コンクールで歌うべきは「昭和の名曲」と信じてやまないオレがここにいる

TOP

関連記事

昭和40年代名作アニメと言えばデビルマン

昭和アニメが生んだ名曲アニソン

偉大なるクリエーターたちによって、制作された名作アニメをご紹介します

マジンガーzをグレートマジンガーが救ったシーン。昭和ロボットアニソンページへのリンク画像

70年代のロボットアニメから至極のアニソンをまとめました。(前編)

70年代後半に人気を博したロボットアニメ(後編)

長浜ロマンロボやマイナーな70'sロボソンリスト

宇宙を舞台にした名作アニメ

宇宙を舞台にした名作アニメ70s

少年期に無限の宇宙を夢見ていても、大人になると宇宙の怖さに鳥肌が立ちます。