1982年のアニソン名曲アーカイブス

平成生まれにもオススメしたい昭和アニソン

昭和アニソンの歴史に欠かせないレジェンドらによる神曲が多く発表された。またアニソン界は、歌い手も次世代にうまくバトンタッチできたと確信できたのもちょうどこの頃。僕らの心に流れるメロディラインの原点はここにある。


1982年(昭和57年)

戦闘メカ ザブングル

OP:疾風ザブングル

ED:乾いた大地

歌:串田アキラ
作詞:井荻麟、作曲・編曲:馬飼野康二

放映:1982年2月6日 - 1983年1月29日

ザブングルとウォーカーギャリア「はやてのように〜ザブングル」と、いきなりサビから入るインパクトのある主題歌。太陽戦隊サンバルカンに続いて串田アキラ氏の歌う特撮やアニメ番組は、この頃から耳にすることが多くなった。

この疾風ザブングルは、串田アキラさんのソウルフルな歌声に加え、フラメンコカスタネットが力強いベースとドラムのいいアクセントになっていて、荒野を駆けていくかのようにイメージさせてくれる80年代アニソンの神曲。まさに特撮宇宙刑事ギャバンOPと双璧といっても過言ではないアニソンだ。



逆転イッパツマン

OP:逆転イッパツマン

ED:シビビーンラプソディ

歌:やまもとまさゆき、ピンク・ピッギーズ
作詞・作曲:山本正之、編曲:神保正明

放映:1982年2月13日 - 1983年3月26日

タイムボカンシリーズより「逆転イッパツマン」の歌。サビ部分のやまもとまさゆきと、ピンク・ピッギーズによるコーラスの絶妙な掛け合いが聞いていて気持ちいい。

ただタイムボカンシリーズ主題歌もこのイッパツマンを最後に、作曲が山本正之氏でなくなってしまったのはすごく残念な事件だった。この路線変更は大人の事情だとは思うけど、山本正之氏の歌「アニメがなんだ」でその理由を知ることができます。

豪速九と放夢ラン画像 EDソングのシビビーン・ラプソディは、関根勤さんのねた「シビビーン」を使わせてもらったなんとも気の抜ける歌。それでいてそんな雰囲気に三味線がいい味だしてるんだよな。「偉きゃ黒でも白になる〜ぺんぺん」大人になって、しみじみ感じる理不尽極まりないルール。それを山本さんならではコミカルに皮肉ったある意味大人の歌です。

タツノコ主題歌ランキング
1位:ヤットデタマン
2位:オタスケマン
3位:逆転イッパツマン
4位:ヤッターキング
5位:ムテキング

選べない・・・



スペースコブラ

OP:コブラ

ED:シークレットデザイアー

歌:前野曜子
作詞:冬杜花代子、作曲・編曲:大野雄二

放映:1982年10月7日 - 1983年5月19日

主題歌はペドロ&カプリシャスの初代ボーカル前野曜子で、彼女の哀愁に満ちたハスキーボイスと、類い稀な歌唱力を最大限に引き出しているといえる歌。

曲のほうは星雲仮面マシンマンと同様、聞けば誰が作曲したかわかってしまうくらい大野雄二テイストの強い作品なんだけれど、コブラの大人な世界を一層感じさせるすばらしいアニソンに仕上がっている。初めて聴く人もそんなテイストを感じつつ、かなり惹かれるんじゃないかと思います。

一方EDはコブラに想いをよせる女視点(レディ?)で書かれた歌なんだけど、これまた大人の女性を感じられるアニメのEDにしておくにはもったいない。
コブラ 30周年記念Blue-ray発売
DVD-BOX持っていても買い換える価値ある画質。



ときめきトゥナイト

OP:ときめきトゥナイト

ED:Super Love Lotion

歌:加茂晴美
作詞・作曲:古田喜昭、編曲:大村雅朗

放映:1982年10月7日 - 1983年9月22日

作詞作曲は、シュガーのヒット曲「ウェディングベル」の作詞作曲、そして人気アニメED「パーマンはそこにいる(1983年発売)」を歌った古田喜昭によるもの。

古田喜昭氏はこの「ときめきトゥナイト」でも、エンディングソングにおいてすばらしい楽曲を残している。(OPもいいがそれ以上)。それがボーカルを務める加茂晴美さんの声と絶妙にマッチしていて、歌い出しから好きになっちゃうこと間違いなし。


 そしてマントの下は一糸まとわぬランゼと、手の動きで表現したアニメーションの秀逸エンディング映像。このEDは80年代昭和アニメーションの傑作と呼び声も高いのでぜひ見てみてください。オススメです。


1982年放映の主なアニメ

南の虹のルーシー

歌:やまがたすみこ

放送期間:1982年1月10日〜12月26日

魔法のプリンセス ミンキーモモ

歌:小山茉美

1982年3月18日〜1983年5月26日

ゲームセンターあらし

歌:水木一郎

The かぼちゃワイン

歌:かおりくみこ
作詞:伊藤アキラ 作曲:馬飼野康二 編曲:いちひさし

1982年7月5日〜1984年8月27日

銀河烈風バクシンガー

歌:山形ユキオ
作詞:山本優 作曲・編曲:山本正之
1982年7月6日〜1983年3月29日

エンディングテーマの「アステロイドブルース」は山本正之作曲の至極の名曲。歌は増田直美。プラネットのお気に入りです。

さすがの猿飛

1982年10月17日〜1984年3月11日

世の中の肥満体チビ男(チビデブ)に夢を与えたアニメ。ハゲがないだけ救われる。

TOP

h