昭和生まれと平成生まれが上手くいくカラオケ用アーカイブス_アニソン

4,50代向けのアニソン集めましたオレがやらなきゃ誰がやるのか!

人生には行かなくてはならないカラオケがある。忘年会や新年会の付き合いでいくそれだ。そんな心境でも参加したら、外したくない、盛り上げなくてはならない、気を使って上司や先輩が知っている歌を歌わなけりゃならないなど立場によってさまざま。

このページでは、そんな平成生まれの若者に40代や50代のオヤジたちが、一目置く歌を紹介してみたいと思う。
※ジャケットにカーソルをあてると、放送時期やオヤジからの歌唱ワンポイントアドバイスが見れます。



50前後の上司向けアニソン

マジンガーZ

主題歌:マジンガーZ

歌:水木一郎
作詞:東文彦 作曲:渡辺宙明

放送:1972年12月3日〜1974年9月1日

放送当時、視聴率30%を超えた人気ロボットアニメ。歌うは言わずと知れたアニソンの帝王こと水木一郎の自身の代表的なアニソン。ゼ〜ツトのところは、マイクを上司に向けてみよう!2番くらいで。

科学忍者隊ガッチャマン

主題歌:ガッチャマンの歌

歌:子門真人・コロムビアゆりかご会

ED:倒せ!ギャラクター

歌:コロムビアゆりかご会
作詞:竜の子プロ文芸部、作曲:小林亜星

イントロからオヤジたちのテンションが高くなる小林亜星によるメジャーなアニソン。

放映:1972年10月1日 - 1974年9月29日

無限に広がる大宇宙宇宙戦艦ヤマトより

主題歌:宇宙戦艦ヤマト

ED:真赤なスカーフ

歌:ささきいさお

作詞:阿久悠、」作曲:宮川泰

放映:1974年10月(昭和49年)

いつもより低い声で歌うのがポイント。「いさおボイス」に近づけて歌おう。

※ただしオヤジたちが満を持して歌う可能性があるため、様子を見る必要あり。要注意アニソンだ。

機動戦士ガンダム

主題歌:翔べ!ガンダム

歌:池田鴻
作詞:井荻麟、作曲:渡辺兵夫、編曲:松山祐士
発表年月:1979年4月21日

ガンダムのプラモデル通称「ガンプラ」。これにドハマりした世代を狙い撃ち。シンセドラムが少年時代を思い出させる不朽の名作。

ルパン三世

主題歌:ルパン三世のテーマ

歌:ピート・マジック・ジュニア
作曲:大野雄二

ルパン三世のテーマは、往年のインストゥルメンタルに歌詞がついたイカしたアニソン。男の世界観を恥じることなく食らわせろ!
でも嫌われない程度ほどほどに…です。

やさしさに包まれたなら

歌:荒井由実
作詞・作曲:荒井由実、編曲:松任谷正隆

3,40代の人には魔女の宅急便の歌として知られるジャパニーズポップス。ちょっとだけダミ声で歌ってみよう。

想い出がいっぱい

歌:H2O
作詞:阿木曜子 作曲:宇崎竜童
アニメ「みゆき」のテーマソングで人気になった甘酸っぱい青春ソング。二人で歌える数少ないアニソン。ひとり心もとないときは、デュエットソングに限りますね。



40代後半向けのアニソン週刊少年ジャンプより

1994年12月に653万部の歴代最高部数を達成した週刊漫画。おじさんたちが夢中になっていたのは、1980年前後の人気マンガであることが多い。そのマンガこそがこれらのアニメだ。

キン肉マン

主題歌:キン肉マンGoFight

歌:串田アキラ
作詞:森雪之丞 作曲:芹澤廣明 編曲:川上了
1983年4月3日〜1986年10月1日

マッスルをマッソーッ!と強気に発音。これで君もスーパーヒーローさ。

北斗の拳

主題歌:愛をとりもどせ!!

歌:クリスタルキング

恥ずかしがらずに「ユアーッショ〜ック!!。」これを臆すると出だしでつまずくことに。いつもよりハイトーンボイスで歌うのも大事なポイント。

ドラゴンボール

主題歌:魔訶不思議アドベンチャー!

歌:高橋洋樹
作詞:森由里子、作曲:池毅、編曲:田中公平

ED:ロマンティックあげるよ

放映:1986年2月26日 - 1989年4月19日

掴もうぜ!の後は、みんなの想いを入れるのもあり。エンディングソングは男性に人気のある女性ボーカルの名曲。OP,EDどっちもありなアニソンです。

シティハンター

ED:Get Wild

歌:TM Network
作詞:小室みつ子、作曲:小室哲哉、編曲:TM Network

ハードボイルドな冴羽?になるか、もっこりな冴羽になるかはあなたのキャラ次第。日頃の行いが問われる瞬間だ。

聖闘士星矢

主題歌:ペガサス幻想

ED:永遠ブルー

歌:MAKE-UP
作詞:竜真知子、作曲:松澤浩明・山田信夫、編曲:MAKE-UP

放映:1986年10月11日 - 1989年4月1日

時にアニソンは、人生の応援歌になることがある。少年の未来と可能性を引き出す歌、このペガサス幻想(ファンタジー)。

キャプテン翼

主題歌:燃えてヒーロー

歌:沖田浩之・小粥よう子
作詞:吉岡治、作曲:内木弘、編曲:飛沢宏元

サッカー経験者ならみんな観ていたサッカーアニメの金字塔。アディダスの帽子、日向小次郎の袖まくり、そしてオーバーヘッド、どれも流行りました。

ドラゴンボールZ

主題歌:Cha-La Head-Cha-La

歌:影山ヒロノブ
作詞:森雪之丞、作曲:清岡千穂、編曲:山本健司

4~5年くらい流れてたので、知名度は抜群。ぶっ飛んだ歌詞に、歌ってる自分が恥ずかしくなるような歌詞。でもそんなのへのへのかっぱ〜



アラフォー向け盛り上げアニソン国民的アニメ系

おどるポンポコリン

歌:BBクイーンズ

サザエさんに並ぶ日曜日の国民的アニメ主題歌。間違いなくみんなで歌えるアニソン。
発表年:1990年4月4日

オラはにんきもの

歌:矢島 晶子

パニックパニックっ、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の3期オープニングテーマ。モノマネ上手な人が意外と多いアニソンなので事前リサーチしておくと完璧。
発表年:1993年

残酷な天使のテーゼ

歌:高橋洋子

同席するオヤジたちにパチンコ、スロットをやる上司、先輩がいれば、間違いなく脳裏に浸透しているインプリンティングな名曲。



女性におすすめのアニソン女性ボーカル編

タッチ

歌:岩崎良美

平成で一番歌われたアニソン「タッチ」第1期主題歌。第5期までからなり、主題歌とEDソングどれもが名曲。数が増えるにしたがって、マイナーになっていくので注意が必要だが、観ていた人がいれば学生時代に戻り、淡い恋の時間がやってくるかもしれない。

魔法の天使クリィミーマミ

歌:太田貴子
作詞:山本優 作曲:山本正之 編曲:久石譲
1983年7月1日〜1984年6月29日

古田喜昭氏の作詞作曲による女の子に絶大な人気を誇ったアニソン。

CAT'S EYE

歌:杏里
作詞:三浦徳子 作曲:小田裕一郎 編曲:大谷和夫
1983年7月11日〜1984年3月26日

歌のベストテンやトップテンで1位を獲得したアニメソング。80年代この曲でアニソンがJ-POPの仲間入りしたといっても過言ではない。

うる星やつら

主題歌:ラムのラブソング

ED:宇宙は大ヘンだ!

うっふん♪と色気出して歌えば、その瞬間からオジサンたちから人気者になること間違いなし。いいのか悪いのか…。

歌:松谷祐子
作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:小林泉美

放映:1981年10月14日 - 1986年3月19日

TOP





h