心に残る昭和50年代の名曲アーカイブス

昭和50年代のヒット曲

売上枚数や年間ランキング、ヒットに関係なく、1975年〜1976年(昭和50年から昭和54年)までの名曲を紹介。1970年代は歌謡界にとって黄金期ともいえるべき時代。歌い継がれていくような心にしみる名曲が多いのが特徴です。


>君は変わっちゃったネ

歌:森田童子
作詞・作曲:森田童子、編曲:木森敏之
発表年月:1975年10月21日

1曲目の「早春にて」から儚い青春を感じる歌声とストリングスで心揺さぶられること間違いなし。他にも「君は変わっちゃったネ」、「さよならぼくのともだち」など森田童子ワールドを感じることができる名盤でありながら森田童子のファーストアルバム「GOOD BYE」。アルバムの9曲もの編曲を木森氏が手掛けているところから、かなり期待されてデビューしたシンガーソングライターだったと想像できます。

「とても長い時が 過ぎたのね」

このフレーズが、心でリフレインして止まない年になりました。



無縁坂

歌:グレープ
作詞・作曲:さだまさし、編曲:さだまさし
発表年月:1975年11月
リンク:歌詞情報

フォークデュオ「グレープ」時代のラストシングルで、息子の母に対する想いを綴った歌。年を老い、小さくなった母の姿に、大人になってから芽生え始めた母への感情と、そして運という言葉で片付けなくてはならなかった母の人生を歌っています。

「運がいいとか悪いとか」そういうことって確かにあるんだけど、ただ幸せだったかそうでなかったかは本人にしかわからないこと。「運」という言葉に惑わされず生きていければいいとしみじみ思う歌です。

無縁坂は、東京都文京区湯島四丁目にある坂。

1970年代に活躍した男性デュオカラオケランキング
1位:あずさ2号 狩人
2位:さよならをするために ビリーバンバン
3位:ひとり咲き チャゲ&飛鳥

1975年のヒット曲

シクラメンのかほり

歌:布施明 87.8万枚

ロマンス

歌:岩崎宏美 77万枚

いちご白書をもう一度

h4>

歌:バンバン 45.8万枚

作詞作曲:荒井由実。売れたのはバンバンが歌うレコードでしたが、ユーミンバージョンのほうが哀愁を感じます。

サボテンの花

歌:チューリップ

私鉄沿線

歌:野口五郎

面影

歌:しまざき由理 53.2万枚

わたし祈ってます

歌:敏いとうとハッピー&ブルー 34.7万枚


時代

歌:中島みゆき
作詞・作曲:中島みゆき、編曲:船山基紀
発表年月:1975年12月
リンク:歌詞情報

第6回世界歌謡祭グランプリを受賞した2ndシングル。音楽教科書に掲載されたり、卒業ソングとして歌唱されたりと幅広い年代に知られた名曲。また様々なアーティストがカバーしている。

おすすめCD

青春のフォーク名曲大全集と伝説と



チャート1位を獲得した4作品

わかれうた

1970年代シングルヒットチャート1位

1stシングル「アザミ嬢のララバイ」以来、1970年代から2000年代の4つの年代にわたりシングルチャート1位を獲得、世代を超え愛され続けている、まさに日本が誇る女性シンガーソングライター。

悪女

1980年代シングルヒットチャート1位

空と君のあいだに

1990年代シングルヒットチャート1位

地上の星

2000年代シングルヒットチャート1位



スカイレストラン

歌:ハイファイセット
作詞:荒井由実、・作曲:村井邦彦
発表年月:1975年11月
リンク:歌詞情報

もともとはユーミンの「あの日にかえりたい」の詞であったスカイレストラン。歌詞を入れ替えることになった経緯は、ユーミンの楽曲を秋吉久美子が出演するドラマ主題歌に起用したいという話があがり、何曲か聴いてもらったらどうしてもあの曲がいいということになって…。ただ詞は変えてほしいということになって「あの日に帰りたい」が出来たと、2002年秋元康との対談で本人が語っている。

そこで浮いてしまった元々の歌詞に曲を作ったのが村井邦彦氏。「スカイレストラン」は、そんないろいろな人が絡み合い、生まれた至極の名曲なのです。

オリジナルを知らない人は柴田淳がカバーする「スカイレストラン」がオススメです。

 

TOP



h