心に残る昭和にっぽんの名曲アーカイブス

昭和50年代の名曲1978~79年

Planet20xxバナー

後世に残る日本の名曲

昭和50年代に発表された歌は、今でも歌い継がれる名曲ばかり。のちに日本で大ブームになったカラオケで聴かせるときや締めで歌う時、この頃の歌が多かったのは、日本人なら誰もが知る曲だったからなんですね。それくらい日常生活とともに音楽があったのです。

秋桜レコードジャケット

秋桜(コスモス)

歌:山口百恵
作詞・作曲:さだまさし、編曲:萩田光雄
売上枚数:46万枚
発表年月:1978年3月

今もなお結婚式などで使わている現在進行形の名曲。親子の情が希薄になったと感じる今、こうした感情を持てる子に育ってくれたなら、親としては本当に本望なことだと思います。

ゴダイゴ ガンダーラ

ガンダーラ

歌:ゴダイゴ
作詞:奈良橋陽子・山上路夫、作曲:タケカワユキヒデ
売上枚数:89万枚
発表年月:1978年10月1日

日本テレビ「西遊記」のエンディングソング。この曲のタイトルにもなっている「ガンダーラ」とは、生きる苦しみをも癒せる場所でありユートピアだと詞で綴られています。

ユートピアとはそういった人々が描く理想郷のことをいい、その形は人種や国家、個人によってさまざま。現実的に考えれば、みなが公平かつ平和に、差別もなく暮らすことは人類の歴史から見れば無理なのかもしれません。

ただ懐かしい歌や思い出の歌を聴くことで、生きる苦しみを多少でも癒せるものだと信じています。現代社会に疲れたら、心にしみるような良質な思い出の歌を聞いて心を癒し、「生きる糧」を見出して欲しいですね。

山口百恵 いい日旅立ちレコードジャケット

いい日旅立ち

歌:山口百恵
作詞・作曲:谷村新司、編曲:川口真
売上枚数:53万枚
発表年月:1978年11月21日

70年代を代表する昭和の名曲「いい日旅立ち」です。離別する哀しい歌のはずなのですが、結婚式に使われたりと人によっていろいろな解釈があるみたいです。単に曲のタイトルがそうさせているのかもしれません。

山口百恵バージョンは個人的には、もうちょっと後奏が欲しかったりもします。もうちょっと余韻にひたりたいというかそんな感じなんです。谷村新司によるセルフカバーver.は、本人が作っただけあってすごく豪華にアレンジされていて、すばらしい楽曲になってますので、どちらもオススメです。

1970年代卒業ソングランキング
1位:贈る言葉 海援隊
2位:卒業写真 荒井由美
3位:なごり雪 イルカ

この曲も数多くの歌手の方々にカバーされていますが、詞も楽曲も誰もが認める世代を超えた素晴らしい「にっぽんの名曲」。全シングル+αを収録した豪華盤がおすすめです。

1978年の主なヒット曲昭和53年

1978年ヒットソング「みずいろの雨」レコードジャケット画像

みずいろの雨

歌:八神純子

1978年ヒットソング「かもめが翔んだ日」レコードジャケット画像

かもめが翔んだ日

歌:渡辺真知子

1978年ヒットソング「君のひとみは10000ボルト」レコードジャケット画像

君のひとみは10000ボルト

歌:堀内孝雄

1978年ヒットソング「時間よ止まれ」レコードジャケット画像

時間よ止まれ

歌:矢沢永吉

1978年ヒットソング「かもめはかもめ」レコードジャケット画像

かもめはかもめ

歌:研ナオコ

1978年ヒットソング「冬の稲妻」レコードジャケット画像

冬の稲妻

歌:アリス

1978年ヒットソング「銃爪」レコードジャケット画像

銃爪

歌:世良公則&ツイスト

世情

国民的人気ドラマ「3年B組金八先生」第2シリーズの逮捕シーンで流れたことで話題になった「世情」。時代の代弁者とも云うべき中島みゆきの歌詞に、忘れていた熱い想いに奮い立った人も中にはいると思います。

腐ったみかん、その時の自分と重ね合わせ「歌を理解したい」と共感を抱くのがやはり名曲ですね。

1979年(昭和54年)

吉田拓郎 流星レコードジャケット

流星

歌:吉田拓郎
作詞・作曲:吉田拓郎
売上枚数:2.8万枚
発表年月:1979年5月5日

新たな日本の音楽シーンを築いてきた吉田拓郎。この歌は、大人の事情により犠牲となったわが子(前妻との間に生まれたひとり娘)への想いと自分の生き方への葛藤を表現している歌だと言われています。

悩んだ末に出した答えとは?歌を聴いて感じとってみてください。真剣に愛すればこそ、人は相手の気持ちを理解したいと悩むものなんだと、親になって初めて解りました。

ゴダイゴ 銀河鉄道999 TheGalaxyExpress999

The Galaxy Express 999銀河鉄道999

歌:ゴダイゴ
作詞:奈良橋陽子・山川啓介、作曲:タケカワユキヒデ、編曲:ミッキー吉野
売上枚数:67万枚
発表年月:1979年7月1日

大ヒット映画「銀河鉄道999」の主題歌。映画・歌ともに大ヒットを記録しました。この歌は僕にとって今でも、将来を夢見ていたあの頃を思い出す人生の応援歌です。

しかし最近あのグループにカバーされていまい、それが本当に残念でなりませんでした。それが時代の流れというならば仕方ないことなのかもしれませんが、オリジナルを良さや思い出があるからこそこそ、ほんとうにやめて欲しかったカバーでした。

1979年のヒット曲昭和54年

1979年ヒット曲「別れても好きな人」レコードジャケット画像

別れても好きな人

歌:ロス・インディオス&シルビア

1979年ヒットソング「魅せられて」レコードジャケット画像

魅せられて

歌:ジュディ・オング

美しいジュディオングと白い衣装、袖には照明演出でしたが、最新技術ではエーゲ海を映し出していました。

1972年のヒット曲「関白宣言」レコードジャケット画像

関白宣言

歌:さだまさし

1979年ヒットソング「虹とスニーカーの頃」レコードジャケット画像

虹とスニーカーの頃

歌:チューリップ
わがままは~ サイコーですね。

1979年ヒットソング「HERO」レコードジャケット画像

HERO

歌:甲斐バンド

1979年ヒットソング「燃えろいい女」レコードジャケット画像

燃えろいい女

歌:ツイスト

1979年ヒットソング「北国の春」レコードジャケット画像

北国の春

歌:千昌夫
売上枚数:300万枚
作詞:いではく、作曲:遠藤実、編曲:京建輔

1980年ヒットソング「異邦人」レコードジャケット画像

異邦人

歌:久保田早紀
売上枚数:144.4万枚
編曲:萩田光雄、レコーディングのピアノ演奏:羽田健太郎。そしてシルクロードのイメージ戦略を前面的に押し出したCMと売れるべくして売れた歌。

TOP