80年代スーパー戦隊とメタルヒーローの特撮ソング史

80年代の特撮ヒーローソング

特撮ヒーローが好きなやつっていうのは、暴力や不正など世の中の諸悪に対して、メラメラと怒りの炎を燃やし、日々戦い続けるヤツが多い。そんな正義とやさしさに満ちた君たちの心の中で流れる歌、特撮ソング。少年期に受け継いだ石森イムズは、大人になっても枯れ果てることはない。

1980年(昭和55年)

電子戦隊デンジマン 4.Denshi Sentai Denziman

OP:ああ電子戦隊デンジマン

ED:デンジマンにまかせろ!

歌:成田賢
作詞:小池一夫、作曲:渡辺宙明

放映:1980年2月2日 - 1981年1月31日

EDでは当時流行りのヴォコーダーを使用し、さらにはスリーディグリースのようなディスコアレンジが冴えわたる。歌詞を3回繰り返して疑問を投げかけてくるんだけど、結局まかせろよ的なヒーローオレ俺系でとても覚えやすい歌に仕上がっている。

かっこいいベースラインと繰り返される歌詞が特徴のデンジマンの歌。歌は、サイボーグ009主題歌を歌った成田賢。あの細い声が電子的な雰囲気を醸し出していてちょうどいい仕上がりだ。

電子戦隊デンジマンメタルチャーム画像 戦隊チャームが「エコ」と読めると一時話題に。放送当時はエコなんて言葉は日本にはなかったかもですね。ヴォコーダー使用では、 EARTH,WIND & FIREの名曲 「Let's Groove」が有名です。

80年代特撮ソングコンピレーションアルバムならこれがおすすめ

コロムビア創立100周年記念企画
全46曲のオリジナル音源を2枚のCDに収録。高音質「ブルースペックCD」仕様



1981年(昭和56年)

太陽戦隊サンバルカン 5.Taiyo Sentai Sun Vulcan

OP:太陽戦隊サンバルカン

ED1:若さはプラズマ(〜33話)

ED2:1たす2たすサンバルカン

歌:串田アキラ・コロムビアゆりかご会
作詞:山川啓介、作曲:渡辺宙明

放映:1981年2月7日 - 1982年1月30日

このサンバルカンで使われた楽曲の全てが、作詞:山川啓介、作曲:渡辺宙明による夢のラインナップで、串田アキラによるソウルフルな歌唱法も魅力のひとつ。

放送当時、EDソングながら「1たす2たすサンバルカン」に人気が集まる逆転現象もあった。この曲はコロムビアゆりかご会の「ダンッダンッダンッ」とかわいらしいソプラノボイスがポイントになっていて、ヒーローソングには子どもたちのコーラスがやっぱり欠かせないなっと聴くたびに思わされる歌だ。これに文句があるようなヤツは、心が病んでいるとしか思えない(笑)。

太陽戦隊サンバルカンメタルチャーム画像その一方でオープニングソングでは、「〜人は微笑みなくすだろう」と悲しみに打ちひしがれているのに対して、なぜか「イエーイ!」と言っちゃっている点は、山川先生にしてなかなか理解に苦しむものがあるんだけど、恐らくサンバルカンがいる限り太陽が無くなる事はないぜイエーイ、という意味なのだろうね。でもちょっと遠まわしすぎてわかりづらいゾ。

さらに挿入歌「戦う仲間サンバルカン」もオススメ。往年の人気曲をメドレーアレンジした「スーパー戦隊バンバラバン」にも挿入歌ながらラインナップされるほどの名曲ぶりと、ヒロインはいないけどヒーローソングに恵まれた3人戦隊なのだ。

【MEMO】電子戦隊デンジマンの宿敵へドリアン女王が、サンバルカンで復活したことで、ヒーロー戦隊の中でも続編的に扱われたシリーズ。画像右はアマゾンキラー。スパイダーマン(東映)でアマゾネス役だった賀川雪絵。名前は似てるけど関係ないのね。



1982年(昭和57年)

大戦隊ゴーグルファイブ 6.Dai Sentai Goggle-V

OP:大戦隊ゴーグルV

ED:ストップ・ザ・バトル

歌:Mojo・こおろぎ'73 ザ・チャープス
作詞:小池一夫、作:渡辺宙明

放映:1982年2月6日 - 1983年1月29日

スーパー戦隊シリーズ「大戦隊ゴーグルファイブ」の主題歌。イントロのアナログシンセサイザーサウンドが、80年代のシンセ黄金期を彷彿とさせる一品だ。

間奏のコーラスなんかは、某アイドルグループの歌みたいで今聞くとかなり滑稽だが、TV版だとこのコーラスを聴くことがなかったのは、非常に惜しい。そしてコーラスは前作と違ってザ・チャープスで、MOJOの声との相性は抜群。大人っぽいコーラスがたまらなくいいだよなあ。

大戦隊ゴーグルファイブメタルチャーム画像ゴーグルファイブといえば、ヒーローの証しとも言えるマフラーをした最後のヒーローたち。それとこの戦隊からヒーローカラーのブラックが初登場。初めてブラックを見たときは、絶対に裏切り者だと思ってたんだよね(笑)みんなもそうでしょ? 



宇宙刑事ギャバン Uchuu Keiji Gavan

OP:宇宙刑事ギャバン

ED:星空のメッセージ

歌:串田アキラ
作詞:山川啓介、作曲:渡辺宙明、編曲:馬飼野康二

放映:1982年3月5日 - 1983年2月25日

メタルヒーローシリーズ初代「宇宙刑事ギャバン」の主題歌で、80年代特撮主題歌ナンバーワンと誰もが認めるかっこいい主題歌。歌うのはサンバルカンで特ソンデビューを果たし、子どもたちに人気を得た串田アキラ。

歌詞や曲調のイメージとしてちょっと男くさい感じもするけれど、一本気なところを雰囲気そのままに熱く歌い上げているのはさすが。そして歌中の「若さ若さって何だ?あきらめないことさ」と御大:山川啓介の詞がキラリと光る。よろしく勇気!

バトルケニア、デンジブルー役の大葉健二が主人公:一条寺烈役、また女優:叶和貴子がミミー役を演じています。とてもかわいらしいです。

80's特撮ヒーローEDランキング
1位:誰かが君を愛してる
2位:星空のメッセージ
3位:強さは愛だ
4位:おれの名はマシンマン
5位:夢をかなえてダイナマン

誰もが人生において孤独を感じる瞬間がある。そんなとき背中を後押ししてくれるそんな特撮EDベスト3です。人の温もり、やさしさに飢えたならオススメです。
※スーパー戦隊シリーズはやっぱりいい。あえて外しました。



1983年(昭和58年)

科学戦隊ダイナマン 7.Kagaku Sentai Dynaman

OP:科学戦隊ダイナマン

ED:夢をかなえてダイナマン

歌:Mojo・こおろぎ'73
作詞:小池一夫、作曲:京建輔

放映:1983年2月5日 - 1984年1月28日

歴代の戦隊ソングの作曲を担当していた渡辺宙明氏が、新しく始まるメタルヒーローシリーズに携わる関係で、この作品の作曲を京建輔氏が担当。クラベスをアクセントに斬新でかっこいい戦隊ソングになっていて、スーパー戦隊シリーズ主題歌の人気ランキング上位に入るほどのテーマソングに仕上がった。ズバットもそうだけど、こういう一味プラスって、時に強烈なインパクトを残してくれるんだよね。

またダイナマンのエンディングテーマ「夢をかなえてダイナマン」も断然オススメ。あの無駄にも思える数多くの爆発は僕らのためで、そして「夢をかなえて」という言葉に、憧れのヒーローへのピュアな想いがこもっているすばらしい歌詞だ。

科学戦隊ダイナマンメタルチャーム画像まあ他人任せな言葉ではあるけど「夢をかなえて」と歌われるのは、このダイナマン以外だとドラえもんくらいじゃないかな。曲の方もベースがなんとも言えないかっこよさ。そして効果的なフィルと時折りメロディを刻むマリンバの存在がたまらない、オススメのエンディングテーマとなっている。

TOP

h