スーパー戦隊ソング名曲アーカイブス2000~04年

スーパー戦隊主題歌の歴史2000年代の華やかなヒーロー・ヒロイン

Planet20xxバナー

登竜門になったスーパー戦隊

2000年代に突入し、仮面ライダーと同じくイケメンヒーローや華やかな戦隊ヒロインが多くなった。戦隊ヒロインランキング歴代上位を占める若手俳優やアイドルが多く輩出され、いろんな意味で親子揃って楽しめる内容になったと言われる2000年代のヒーロー、ヒロインをリストアップしました。

未来戦隊タイムレンジャー 24.Mirai Sentai Timeranger

未来戦隊タイムレンジャーCDジャケット wakusen

OP:JIKU~未来戦隊タイムレンジャー
歌:佐々木久美
作詞:磯谷佳江、作曲:亀山耕一郎

ED:時の彼方へ
歌:NAT'S
作詞:吉井省一、作曲:亀山耕一郎

放映:2000年2月13日 - 2001年2月11日

記念すべきミレニアムを飾ったのは未来戦隊タイムレンジャー。そして戦隊シリーズ主題歌で、初めて女性ボーカルを採用した作品だ。英語主体の主題歌で、イントロからクワイアのゴスペルやパイプオルガンを用いた楽曲は、聖歌を意識した作りでとてもかっこいい。

そして秀逸と言われているのがストーリー。ここまでドラマティックかつ時世にとんだ点は、今までの戦隊ものとは一線を画していた。

でも一番伝えたいのはタイムピンクの美しさ。観ていた大人たちがざわつくほど可愛かったんですよ、勝村美香。

【歌いだし】

未来戦隊タイムレンジャーメタルチャーム画像 絶え間なく永遠を 時計が刻むなら どれだけの瞬間を 数えていくだろう

百獣戦隊ガオレンジャー 25.Hyakujuu Sentai Gaoranger

百獣戦隊ガオレンジャーCDジャケット

OP:ガオレンジャー吼えろ!!
歌:山形ユキオ
作詞:桑原永江、作曲・編曲:中川幸太郎

ED:ヒーリン'ユー
歌:Salia
作詞:桑原永江、作曲:奥慶一

主題歌を歌うは、アニメ「銀河烈風バクシンガー」や「魔境伝説アクロバンチ」を歌った山形ユキオ。そのワイルドな歌声は、まさにこの戦隊にピッタリ。ただこれちょっと子どもたちが、口ずさむには難しすぎる点をのぞいては…。

前作に続きリアル世代には、ちょっとかわいそうな感じではあったよね。ヒーローソングは、ふとしたときに口ずさめるってことが大前提。たぶん子どもたちは「ガオーッ!ガーオッ!」ばっかりだったんじゃないかと推測(笑)。

だけど大人視点からすれば、渋く熱い歌声と印象に残るブラスサウンドにテンションが上がる感じは、特撮主題歌としては、好印象。それにマスクデザインも秀逸だしね、ガオブラック以外は。

なぜに・・・どうした…。

【歌いだし】

百獣戦隊ガオレンジャーメタルチャーム画像 ガオ 飛びかかれ ガオ 喰らいつけ ガオ 叫べ ガオ 倒せ ガオガオガーッ

忍風戦隊ハリケンジャー 26.Ninpuu Sentai Hurricaneger

忍風戦隊ハリケンジャーCDジャケット

OP:ハリケンジャー参上!
歌:高取ヒデアキ
作詞:及川眠子、作曲:池毅

ED:いま 風のなかで
歌:影山ヒロノブ
作詞・作曲:高取ヒデアキ、編曲:籠島裕昌

パッとしなかった印象がある1990年代のヒーロー戦隊ソングが2000年代に入り、歴代のヒーローソングとは全く違う雰囲気でありながらも、すっと入ってくるメロディで新時代の幕開けを感じさせてくれた主題歌。作曲はドラゴンボール「魔訶不思議アドベンチャー!」や「おジャ魔女カーニバル!!」で知られる池毅。

ハリケンジャーの見どころは、何といってもフラビージョ(山本梓)とハリケンブルー(長澤奈央)のヒロインたち。フラビージョは敵ながらしっかりとしたキャラとかわいさが光り、今作でメジャーへのキッカケになったとも言われている。またハリケンブルーは歴代ヒロインの中でもトップクラスのスタイルの持ち主だ。

そんなハリケンブルーとフラビージョが組んだユニット「ビジョッ娘7(びじょっこ)」はビジュアル的にも◎。ただ第30話限定の企画ものだったことが残念。

過去に忍者系といえばカクレンジャーもいたけど、特撮やアニメの忍者ってなんでこうも格好よく見えるんだろうねぇニンニン。実際の忍者はそうでもないのに・・・(笑)。

【歌いだし】

忍風戦隊ハリケンジャーメタルチャーム画像シュシュと参上!シュシュと忍者じゃん 巻き起こせ勇気のハリケーン

爆竜戦隊アバレンジャー 27.Bakuryu Sentai Abaranger

爆竜戦隊アバレンジャーCDジャケット

OP:爆竜戦隊アバレンジャー
歌:遠藤正明
作詞:吉元由美、作曲:岩崎貴文、編曲:京田誠一

ED:We are the ONE ~僕らはひとつ

歌:串田アキラ・森の木児童合唱団
作詞:吉元由美、作曲:小杉保夫、編曲:京田誠一

OPは今作の作曲を担当した岩崎貴文の記念すべき特撮第1弾。正統派戦隊ソングとして、アツさと爽やかさがうまく融合した好印象な出来映え。そしてボーカルは魔装機神サイバスター主題歌「戦士よ、起ち上がれ」で人気の遠藤正明。彼の声帯の強さと音域の広さにテンションMAX。Get up~!

エンディングのほうもインパクトのある歌に仕上がっていて、歌っているのは昭和特撮世代熱唱系代表の串田アキラ氏。その起用はもちろんお父さん世代を意識したものだろう。

作曲はNHK「おかあさんといっしょ」でおなじみの小杉保夫氏。どうりで馴染みやすいメロディのはずだ。このオープニングとEDの世代を超えた共通項は、親子にとってはかなりありがたいもの。だってそこには「花」が咲くからね。
たしかジャッカー電撃隊(石森氏)も言ってたよナ。いつかは花もって・・・。

【歌いだし】

爆竜戦隊アバレンジャーメタルチャーム画像アバレ アバレ アバレ まくれGet up! アバレ アバレ 突き進め

特捜戦隊デカレンジャー 28.Tokusou Sentai Dekaranger

特捜戦隊デカレンジャーCDジャケット

OP:特捜戦隊デカレンジャー
歌:サイキックラバー
作詞:吉元由美、作曲:宮崎歩、編曲:京田誠一

ED:ミッドナイト デカレンジャー
歌:ささきいさお・森の木児童合唱団
作詞:藤林聖子、作曲:高取ヒデアキ、編曲:亀山耕一郎

歴代ナンバーワンヒロインと言われるデカイエローのジャスミン(木下あゆ美)とデカピンクのウメコ(菊地美香)の可愛さが光った作品。今までのセンスのない私服ちっくな衣装をやめ、制服に切り替えるなどデザイン面が洗練されていた感じの戦隊ヒーロー。

歌は2000年代っぽい明るく爽やかロックな感じで、80年代のような悲壮さは全く伝わってこない。やっぱり日本経済と歌ってのは反比例するんだなと、特撮ソングを聴いてだけど思っちゃったりもすることもあります。

【歌いだし】

特捜戦隊デカレンジャーメタルチャーム画像光よ 都会(まち)の天使たちに届け 輝く夢を叶えられるように

【ヒロイン】
デカイエロー(礼紋茉莉花):木下あゆ美 ←イチオシです。
デカピンク(胡堂小梅):菊地美香

関連記事

最近のジャスミンとウメコ

キュウレンジャー第18話で仙(デカグリーン)とウメコ(デカピンク)が結婚というお話でゲスト出演。ジャスミンは相変わらずかわいいですネ。いい女になったなとしみじみ懐古

「スーパー戦隊」が「学研の図鑑」になって新登場!

秘密戦隊ゴレンジャーから機界戦隊ゼンカイジャーの究極の図鑑が完成しました

特撮ソングをおもいっきり熱唱したい!そんな熱い男たちにオススメ

TOP