プログレスバーが進まない場合の対処法

2020.11.29 

いつまでたってもサイトが表示されないときの対処法-読み込めないときの原因-

Planet20xxPC用バナー Planet20xxモバイル用バナー

GoogleAnalyticsの訪問数が極端に減っていたので調べてみたところ、自分サイトの特定のページの読み込みが、いつまでも経っても終わらないことに気づきました。プログレスバーが進まない!なんで…、どうして…。

突然起こる、たまに起きる、今もなっている、こうしたよくわからない不具合の解決策についてお話ししたいと思います( ´ ▽ ` )ノ。

読み込みが終わらない問題

特にリライトなどしていないのにも関わらず、スマホではプログレスバーが進まない、PCでは永遠にグルグル回ってるといった、いつまでたってもサイトが表示されない。そんなレアケースに出くわしました。

【症状】
  1. webサイトが表示されない、読み込めない
  2. 読み込みを中止するとサイトは表示される
  3. 広告の貼っていないページは普通に表示される

自分のサーバーかCDNか、広告かといろいろ疑っていたのですが、幸いにもAmazonアソシエイト広告の貼っていないページが普通に表示されたことで目星がつきました。

犯人はあなたではないですか?

読み込めない原因とは?

Amazonアソシエイト広告を構成するコード
サンプル
<a href="アフェリエイト商材のリンク先アドレス" target="_blank">
<img border="0" src="商材画像" ></a>
<img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=アソシエイトID" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

まず試しに1ページのAmazon広告を全消し。すると読み込みエラーを起こしていたページがすんなり表示されました。つまり、

Amazonアソシエイトのリンクが重かった。

と、迷宮入りかと思われたこの不具合もあっさり解決。次に広告は消さず、アンカータグの後ろにある謎の1×1画像のimgタグを消してみたところ、サイト表示も広告表示もOK、問題なし。ってことでこの1ピクセル画像が原因だったようです。

真犯人ホシは1ピクセル?そんなはずは…。

1ピクセル画像とは

普段なら1pixelなら軽いしまぁいっか!そんな感じで気にもしないimgタグですが、必要なのコレ?と思っていた人も多いかと思います。

実はこの画像の正体は、Webサイトのアクセス情報の収集に使用される「webビーコン」と呼ばれる透過型の画像で、Amazonではサーバーにリクエストが送られることで広告素材のインプレッション、つまり表示回数をレポートしているんです。ということで、今回の読み込みエンドレスだったのは、amazon-adsystem.comに問題があったと考えられます。

特定のリンクタイプに限り、アソシエイトリンクのインプレッション数をカウントしています。リンクタイプレポートでは、リンクタイプ別にインプレッション 数をレポートします。このデータによって、あなたのページの中で、どのリンクがよりトラフィックを稼いでいるかを知ることができます。どのリンクが最も効率よく売上に貢献するかを見極め、今後の戦略作りにお役立てください。

Amazonアソシエイトヘルプより引用

1pixel画像は消しても大丈夫?

アフェリエイト広告のコードは原則的に改変することを禁じているので、この画像を消すことにためらいがあるかと思います。でもこの画像が原因で、サイトが表示できないのであれば

  1. Amazonアソシエイト広告を掲載しない
  2. 読み込みが正常になるまでそのまま待つ
  3. ウェブビーコン(ピクセル画像)を消す

この中から選ぶしかない…。当然ながら3番を選びたい方にとって心配なのは、これを消していいのかどうか。そこでこんなヒントを見つけました。

Amazonアソシエイト

外すことで成果発生そのものに影響はございませんが、広告単位の表示回数が管理画面上からご確認いただくことができなくなります。※タグの書き換えについては推奨はしておりませんが、ご自身の責任の下、書き換えていただいても特に違反とはしていません。

※みるめもさんより引用

このやり取りから勇気をもらって、思い切ってマイサイトのウェブビーコンを消してみました。数日後、カウント数および売上の成果発生が問題ないことも確認できて、ひと安心。(もしかしたら、カウントのずれやその先の解析、分析データに不具合が出ているのかもしれませんが、それを知るすべはないですね。)

まとめ

以上のことからAmazonアソシエイトにおいては、ずばり1ピクセルの画像は消しても問題なしと結論付けたいと思います。

※他のアフェリエイトはわかりません…。

以上、グルグルまわって一向にサイトが表示されないという前代未聞の事件は、無事解決されました。現場からは以上です。( ´ ▽ ` )ノ。

【関連記事】

PC(Javascript)
CDNとサーバー読み込みのイメージ画像

CDNとレンタルサーバーのjsファイル読み込み比較

jsファイルを利用できるCDNのパフォーマンスと稼働時間を調べてみました。

PC(html)
DNSプリフェッチでリレーションしているイメージ画像

GoogleAdsense広告を速く表示する

DNSプリフェッチで5つの参照先を事前リレーションするだけで、すばやく表示されます

PC(html/Javascript)
スマホでの画像遅延読み込みイメージイラスト

表示スピードアップ!画像遅延読み込み実装

PagespeedInsightのスコア改善に役立つ画像遅延読み込みの実装方法についてわかりやすく解説します

PC(HP)
画像の最適化手順を説明したページへのリンク画像

画像を軽くする最適化はお済みですか?

画像にはいろいろな情報が入っています。ムダな部分を削除して容量を小さくしましょう。

PC(HP)
Googleアナリティクスで特定のIP除外する方法

Googleアナリティクスで特定のIPアドレスを除外する方法

自分アクセスによる訪問カウントを取得しないための設定

PC(HP)
Googleアドセンスを中央に寄らない場合の対処法解説画面

Googleアドセンスが中央に寄らない場合のやり方

デフォルトで画面いっぱいに表示されるアドセンスですが、なぜかセンタリング出来ない場合の対処法を解説します。

TOP