あまり話題にならない特撮ヒーロー80名曲アーカイブス

マイナー特撮ヒーロー80年代

80年代なので、少し最近になったので覚えているものもあるかと思いますが、あまり話題にならないヒーローとちょっとダサめなやつをチョイスしてみました。でもどのヒーローもいい主題歌、EDソングを持っていますよ。

アンドロメロス

OP:アンドロメロス

歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会
作詞:谷のぼる、作曲:菊池俊輔、編曲:吉村浩二

放映:1983年2月28日~4月29日

ウルトラマン80放送終了後、アンドロ警備隊のアンドロメロス、アンドロウルフ、アンドロマルス、アンドロフロルの4人の戦士と、グア軍団の戦いを描いた。子どものころは話を全く理解していなくて、メロスはゾフィーだと思ってました。そしてアイスラッガーとよく似た技・スオードUを使うウルフはみなさん同様、セブンだと・・・。

で、実際はどうだったというと、ピンチに陥ったゾフィーがアンドロメロスに助けられ、そのコスモテクターを装着して宿敵を倒すまでがゾフィー。その後はアンドロ族の戦士ブノワが2代目アンドロメロスとなったようです。ウルフは最初からウルフとのことです。

※2代目はゾフィーから贈られた光の勲章ウルトラクロスが胸に付いています。

星雲仮面マシンマンレコードジャケット

星雲仮面マシンマン

OP:星雲仮面マシンマン

歌:MOJO、コロムビアゆりかご会
作詞:石ノ森章太郎、作曲:大野雄二

ED:おれの名はマシンマン

作詞:八手三郎

放映:1984年1月13日 - 9月28日

口が出ていてマントが透明で、見た目がいまいちなヒーロー「星雲仮面マシンマン」。しつこいようですが、口が出ているところが・・・低予算でしたか・・・すいませんビニールのマントもナットクです。

歌はスーパー戦隊シリーズでおなじみのMOJO、作曲はなんとルパン三世で有名な大野雄二氏です。当時は気付きもしませんでしたが、特撮ものも作曲していることにビックリです。

間奏や後奏あたりを聞いていると、特撮ヒーローの雰囲気を活かしつつもルパンぽい大野雄二サウンドを随所に聞かせてくれます。

EDの方は、ルパンというより不二子的サウンド。叙情的なソプラノサックスとやさしいフルートも、そしてシンセサイザーのグリッサンドも、聴けば聴くほど効いてくるとても心地よいバラードです。

マシンマンといえば、ドルフィンを運転するあのシーンがやはり印象深い。この件については放送終了間際に疑問に答えるハガキコーナーで、ニックが答えてたのを今でも憶えているんだけど。その答えは・・・
顔の所に前方を映すスクリーンがあるとのこと。・・・ないよなあ。

巨獣特捜ジャスピオンレコードジャケット

巨獣特捜ジャスピオン

OP:おれが正義だ!ジャスピオン

ED:銀河狼ジャスピオン

歌:アイ高野
作詞:山川啓介、作曲:渡辺宙明、編曲:藤田大土

放映:1985年3月15日 - 1986年3月24日

宇宙刑事シリーズ第4弾「巨獣特捜ジャスピオン」の主題歌。80年代半ば流行のサウンドだったシモンズタムとステレオ感のあるドラムは、特撮ソングとしてはかなり斬新でした。

ボーカルは銀河疾風サスライガーをクールに歌い上げたMOTCHINことアイ高野ですDo It!。

振り向けば小さな昨日 目を上げれば無限の明日

やっぱすごい山川氏の詞。ただコーラスのイェイ×3はやっちゃいましたね。80年代のアイドル歌謡を彷彿させる感じで、今聴くと思いっきり水を差している感じが・・・。当時は気にもならなかったけど。

コロムビア創立100周年記念企画 高音質「ブルースペックCD」仕様

TVサイズを50曲収録した40代以上にオススメのコンピレーションアルバム。車で一人で熱唱を楽しむのもいいですね。コセイドン、メガロマン、レッドタイガーも全部入ってますよ。

超人機メタルダーCDジャケット

超人機メタルダー

OP:君の青春は輝いているか

歌:佐々木功

ED:Time Limit

歌:水木一郎
作詞:ジェームス三木、作曲:三木たかし、編曲:田中公平

放映:1987年3月16日 - 1988年1月17日

メタルヒーローシリーズ第6弾の超人機メタルダー。即席で作られた雰囲気のある詞ですが、三木たかし氏と佐々木功の手によってそれっぽく仕上がっています。そのためこの世代の人には、結構支持率の高い主題歌です。

今回歌はまあいいとして、このメタルダーの最大のポイントはやはり、キカイダーを髣髴させる左右非対称のデザインにあると思う。(サイドファントムやトップガンダーあたりもキカイダーのオマージュ的な感じ。)

それに加えて70年代には実現出来なかったメタルな質感のグレードアップ、特撮ヒーローの中でズバ抜けてかっこいい。最近の仮面ライダーシリーズでもこの手のデザインが採用されているように、左右対称を無視した石ノ森先生の奇抜なアシンメトリーデザインが受け継がれているのを実感できるつくりです。

またこの作品は、グループ対立や上下関係、敵軍(ネロス帝国)の個性が他作品に比べて極めて映えていた作品だったと思います。かなり面白いので、視聴おすすめの特撮作品です。

世界忍者戦ジライヤCDジャケット

世界忍者戦ジライヤ

OP:ジライヤ

ED:SHI・NO・BI'88

歌:串田アキラ
作詞:山川啓介、作曲:鈴木キサブロー、編曲:戸塚修

放映:1988年1月24日 - 1989年1月22日

メタルヒーローシリーズ第7弾の世界忍者戦ジライヤ。一見メタルヒーローとはかけ離れていますが同シリーズとして扱われています。歌は串田アキラということで、歴代の熱いメタルヒーロー回帰的な感じを受けます。

そして印象に残るオープニングに負けず劣らず、エンディングの「SHI・NO・BI'88」は串田アキラの3大バラードと言える歌。特撮の世界感をうまく表現しながらも、地球の美しさ、ヒーローのやさしさ、強さなどすごく魅力的な詞で綴っています。さすがはヒーローを理解した作詞家、山川氏だと思いますね。

【ちょいMEMO】2015年10月18日 「手裏剣戦隊ニンニンジャー」に伝説の忍者として登場!

ニンニンジャーに伝説の忍者として夢の共演
10年に一度は忍者もの

ニンニンジャーでは伝説の忍者として出演。カクレンジャーもハリケンジャーも出ました。あと山形ユキオもなっ。

巨獣特捜ジャスピオンレコードジャケット

特救指令ソルブレイン

OP:特救指令ソルブレイン

ED:愛に抱かれて

歌:宮内タカユキ・森の木児童合唱団
作詞:大津あきら、作曲:鈴木キサブロー、編曲:矢野立美

放映:1991年1月20日 - 1992年1月26日

メタルヒーローシリーズ第10弾「特救指令ソルブレイン」の主題歌。レスキューポリスシリーズ3部の2作目にして名曲主題歌が誕生した。宮内氏の歌声に天使の歌声「ソプラノボイス」が後を追う輪唱スタイル。間違いなく90年代特撮ヒーローソングの数少ない名曲だ。

これで立ち上がれないヒーローはいないだろう。いや俺なら立てる!

NHKドラマ「トクサツガガガ」主演

特撮オタク・仲村叶を演じる小芝風花が超絶かわいい!。獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)はゲキレンジャー、エマージェイソンは何だろう?。メタルヒーローには違いないが…。

放送時間:2019年1月18日から毎週金曜日夜10時スタート(7回)

TOP

次のページに進む

次のページは1990年代特撮